しろいるか旅行記

しろいるか旅行記

旅行が好き だいたい週末更新

2023年9月【2/8】イタリア旅行記 3時間で楽しむミラノ観光。中央駅で荷物を預けてドゥオーモとガレリアへ!

こんにちは、しろいるかです
2023年9月、数年ぶりの海外旅行、イタリアへ行ってきました。

この度の1つ目の記事はこちら

旅の全行程

本記事は太字部分が対象です。

【一日目】
羽田空港~北京首都空港~北京市内観光
宿泊:機内

【二日目】
ミラノ・マルペンサ空港~ミラノ観光ヴェネツィアへ~ヴェネツィア観光
宿泊:Hotel Orion

【三日目】
ヴェネツィア観光~ゴンドラ乗船~Restaurant Terrazza Danieli (夕食)
宿泊:Hotel Orion

【四日目】
サンジミニャーノへ~サンジミニャーノ観光~Cum Quibis(夕食)
宿泊:Torre Salvucci Maggiore Medieval Tower

【五日目】
サンジミニャーノ観光~シエナ
宿泊:Hotel Le Fontanelle

【六日目】
シエナ観光~フィレンツェ観光
宿泊:Casa Santo Nome di Gesù

【七日目】
フィレンツェ観光~チヴィタ・ディ・バニョレージョ観光
宿泊:La Cava Palazzo Pallotti

【八日目】
ローマへ~ローマ観光
宿泊:Palazzo Cardinal Cesi

【九日目】
ローマ観光~ローマ・フィウミチーノ空港~北京首都空港~羽田空港
宿泊:機内

 

実際に旅をして感じたイタリア周遊プランニングの最適解

イタリアには魅力的な都市がたくさんありますが、今回私たちが巡ったのは王道中の王道といえる、ミラノ・ヴェネツィアフィレンツェ・ローマの4都市

ミラノとローマの空港が発着便も多くイタリアの空の玄関口となっているため、ミラノに到着してヴェネツィアフィレンツェを巡ってローマから帰国、もしくはその逆のパターンが定番みたい。

各都市間の移動は鉄道で約2時間ぐらいを見ておけばOK。フィレンツェはミラノとローマのちょうど中間にあり、ミラノとヴェネツィアフィレンツェの北、ローマは南に位置します。

 

色々巡って分かったことですが、やっぱり各都市1泊だと心残りがでてきてしまう…ということです。今回ミラノでは泊まらず、フィレンツェとローマはそれぞれ1泊だけにして、小都市の滞在に替えたのですが、ちょっと慌ただしい行程になってしまいました。

また、1泊ずつの場合、途中体調崩すとかなりつらいです…。そういう意味でもできればミラノ1泊にヴェネツィア2泊、フィレンツェ2泊、ローマ2泊が理想じゃないかと思いました。

いろいろ反省点があるね

久しぶりの海外旅行ではりきりすぎちゃった

 

ちなみにその他の観光地としてローマから南に1時間ちょっとの位置にナポリがあります。火山の噴火で埋もれた都市として有名なポンペイもこのあたり。

他にもゴッドファーザーやリゾート地として有名なシチリア島もありますが、ローマなどからは距離がかなり離れていて国内線での移動になるし、一度の旅で両方を巡るのはちょっと厳しそう。

 

さて、ここから旅行記です。

ミラノ・マルペンサ空港(Milano Malpensa Airport)

中国のトランジットを経てようやくミラノへ。朝の7時ごろに到着というめっちゃベストな便でした。朝から動けるってすばらしい!

空港は市街からは離れているため、まずは市街へ移動です。市街への移動手段はバスと電車があって、所用時間はだいたい同じ。電車の方がややお値段高めです。

電車の方がわかりやすそうなので電車で行くことに。到着ゲートを出たら左に進むとエレベーターに電車の案内があります。

 

エレベーターを降りると謎の展示コーナーがありました。何だろう…。

案内に沿って進んでいくと券売機があり、そこでミラノ中央駅(Milano Centrale)を選んでチケットを買います。

ミラノ中央駅ヴェネツィア等への高速鉄道の乗換駅でもあります。

 

プラットフォームは日本とあまり違いがないです。自販機もあるし。

自販機でもクレカ使えるんだよ

今のところ治安的な不安も特に感じません。

 

ここからは1時間近く、電車に乗ってミラノ中央駅へ。

 

ミラノ中央駅(Milano Centrale) 駅構内

終点なので乗り過ごすことがないのがいいですね。

ミラノ中央駅はかなり大きい。いくつもの路線が乗り入れていて、いかにもヨーロッパの駅!って感じがします。

 

遠近感がおかしくなりそうですが、めっちゃ天井が高いです。かなり歴史のある駅で、100年ほど前に完成した建物がそのまま使われているみたい。

 

これだけの天井の高さ、とにかく圧倒されます。

こんな駅、初めて見た…

駅舎とは思えないつくり

ムッソリーニ独裁政権の時に作られた駅で、この豪華さは権力を示すためでもあったそそうな。

 

駅舎はかなり大きいですが、構造はとても分かりやすい。三階建てで、3階部分にプラットホームがあります。

 

今回はヴェネツィアへの電車に乗るまでの約3時間、ミラノ観光に繰り出すことにします!

 

ミラノ中央駅の荷物預かり所

なお駅には荷物預かり所があります。イタリアの郵便局が運営している荷物預かりみたいです。私たちはここでスーツケースを預けてから出発しました。

駅の1階、Mercato Centraleの反対側にあります。

KiPoint | In Stazione

注意点として、朝9時頃はガラガラだったのですが、昼の12時過ぎに荷物を取りに行ったところ長蛇の列でした。

荷物の受け取りと預け入れは別の列だったのでスムーズに受け取りができたものの、到着時間によってはかなり時間がかかることを考慮した方がよいかもしれません。

 

ミラノ中央駅(Milano Centrale) 駅前広場

荷物も預けて身軽になって、駅を出ます。

駅前はかなり大きい広場になっていて、駅舎の威容を堪能することができました。

 

ちなみにミラノ中央駅は治安が悪い、という情報もありかなり警戒してましたが、駅構内はもちろん、この広場も雰囲気自体は全然良かったです。

ここ最近で随分改善したのか、早朝だったからなのかは謎ですが、ミラノの軽犯罪(スリ等)件数はイタリア最多だそうなので、注意は怠らない方が良いですね。

 

こうやって人と比べると駅の大きさが伝わるかな。

他の都市の駅より圧倒的に豪華できれいなミラノ中央駅。ここもミラノの観光スポットの一つだと思いました。

 

このあふれ出るヨーロッパ感!!

めっちゃテンションあがって、イタリアに来たぞー!って思えます。

 

ミラノの見どころについて

ミラノはどちらかというと商業都市で、街並みも割と現代的です。そのため他の都市と比べると見どころは少な目なんですが、それでも見ておきたいのがドゥオーモヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアがあります。旅ではこの後多くの都市を巡りましたが、それでもこの2つは印象に強く残っていました。

ドゥオーモとガレリアは隣接してるので、まとめて観光できるのも良いところ。

あと、ダヴィンチの絵画、最後の晩餐もミラノの教会に残されているのですが、完全予約制だったりすることもあり、時間的にも今回はパスしました。

 

ミラノ中央駅からドゥオーモへ

ミラノ中央駅からドゥオーモへは地下鉄で移動するのが一般的だと思いますが、街の雰囲気を感じたかったので歩いていくことに。1時間ほどで着きます。

最初は駅前の大通り沿いの、ちょっと寂れたアーケードを進んでいきます。

 

アーケードを抜けるとローカルっぽい雰囲気に。

 

市民の憩いの場的な場所、モンタネッリ公園を横切って…

わんこのお散歩してる人とか、ランニングしてる人とかいて現地感たっぷり

 

ミラノ旧市街の入口です!

ここを抜けると急に街並みが変わります。

 

ミラノの旧市街は他のイタリアの都市と比べると、古い建物は少な目です。

 

街並みもどこかモードな感じで洗練されてます。

 

途中にある教会、観光名所ではなさそうだったけど予想外に立派でびっくり。

 

建物の陰影がくっきりしてる。10時過ぎなんですが陽はだいぶ低め。

 

豪華な建物、これはスカラ座みたい。有名な劇場で、世界三大劇場のひとつなんだとか。18世紀から続くものですが、現在の建物自体は二代目。

 

公演時間外でも、見学ツアーがあるそうです。

 

スカラ座を抜けて、いよいよガレリアの入口へ。

 

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)

これはすごい…!

 

アーケード街なんですが、スケールが違います。19世紀中期に作られたものだそうです。今はハイブランドやカフェなどがたくさん入ってました。

 

あまりに大きすぎて普通のレンズでは収まらないので、超広角で。中心から四方に向けてアーケード街が伸びています。

 

この床のモザイクタイルも豪華すぎる…

 

ガレリアを抜けるとドゥオーモがあります。ふと振り返るとこの巨大さ。ほんとはこの中のお店でお茶したりショッピングしたりしたかったですが、ただ見るだけでも満足できました。

ちなみに、ディズニーランドの入口にあるワールドバザールのモデルはここなんだそうです。

 

ミラノのドゥオーモ(Duomo Di Milano)

ドゥオーモとはイタリア語で、街で一番大きい大聖堂のようなものを指します。

ミラノのドゥオーモは世界最大規模のゴシック建築の建物だそうで、ミラノ一番の観光名所と言っても過言ではありません。

この大きさ!!

 

この細かさ…

紆余曲折ありつつも、完成まで5世紀もかかったそうです。

 

内部はチケットを購入して入ります。外観も凄かったですが、内部も驚きの大きさです。

 

ちょうどミサを執り行っていました。オルガンの演奏や讃美歌の歌唱もあって、なんとも荘厳な雰囲気。

 

この柱の太さも…すごい…

 

言葉を失います。

 

各所にあるステンドグラスも美しい。

 

床も美しい。

 

なんか怖い彫刻もあった。

ガレリアに、ドゥオーモに、規模に圧倒されたミラノ観光でした。

ちなみに帰りは地下鉄に乗って中央駅に戻りました。ドゥオーモのすぐそばに地下鉄の駅があります

 

メルカートチェントラーレ(Mercato Centrale Milano)

メルカートはイタリア語で市場。2021年にオープンした、ミラノ中央駅併設のフードコートみたいな場所です。

細長い立地になっています。

ここはピザとかリゾットとか、パンなんかをテイクアウトできるお店が集まっています。他にもケーキや、日本で一世を風靡したマリトッツォなどのイタリア各地の菓子のお店もあり、めっちゃ目移りします。

ヴェネツィアへの電車に乗る前に、ここで車内で食べる昼食を確保しました。

テーブルがあってそこで食べることもできるし、二階部分にはレストランもあるみたいなのでここでランチやディナーもお手軽で良さそうです。

有名なお店とかが出店してるっぽくて、ここで甘いものいっぱい買っておけばよかったとちょっと後悔

 

イタロ(Italo)でヴェネツィア

いわゆるイタリア版新幹線は国鉄が運営するものと私鉄が運営するものの二種類あり、今回乗るのは私鉄が運営するイタロ(Italo)です。

車体デザインはフェラーリも手掛けた人だそうで、赤いスマートな車体が印象的ですね。

 

もっとも安いクラスの席は日本の新幹線よりやや狭めかな…。

先ほどのフードコートで買ったフォカッチャとリゾット、アランチーニをいただきます。

 

アランチーニ(チーズ入りのライスコロッケ)がめっちゃ伸びる笑

リゾット専門店で買ったのですが、めっちゃ美味しかった。

 

2時間ほど経って、ついに海が見えてきました。長い橋を渡って、ヴェネツィア、サンタルチア駅に到着です。

 

ドゥオーモとガレリアだけでも大満足のミラノだったけど

一泊してもっと楽しんで良かったかも…。また行きたい!

次はヴェネツィアで二泊して、じっくり観光です。

他の海外の旅